私共 寺岡企業グループは、おかげさまで 創業130年を迎えました。今後ともよろしくお願いいたします。
Select language to translate:

有機栽培とは

 

有機栽培って何?

「有機」「オーガニック」「無農薬」などとついた商品が、多く販売されています。
しかし、これらの違いはご存知でしょうか?
安全性の高いものだということはおわかりだと思いますが、どのように生産されたものなのか、
「有機栽培」と「無農薬」ではどちらが安全なのか、意外と知らない人が多いです。
「なんとなく」で商品を選んではいませんか?
「有機栽培」について理解していただき、本当に安全なものを納得のうえで選んでいただきたいと思います。



有機栽培とは、「化学的に合成された肥料及び農薬を使用しないこと、遺伝子組換え技術を利用しないことを基本として、
農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した方法を用いて行われる農業」と定義されています。
分かりやすく言うと、「化学肥料や農薬、遺伝子組換え技術を使わない、環境にやさしい栽培方法」と言えます。
有機野菜と聞くと、「安全で美味しい野菜」をイメージする人も多いかもしれませんが、
実はそれだけでなく、自然の力を生かし、環境に配慮したやさしい方法によって生産されています。


土へのこだわり

有機栽培は、化学肥料や農薬を使用せず、2年以上経過した健康な土で栽培を行います。
「有機農産物」として認められるには、有機JASという国で定められた基準を満たさなければいけませんが、
私たちは有機JASの認定制度ができるよりずっと以前から、安全・安心な土にこだわり続けています。

また、有機栽培には土づくりだけでなく生産過程に多くのルールがあります。
それらを守り、認められて初めて「有機農産物」と呼べることになります。
近頃では「有機」と表示された商品を目にすることが多いかと思いますが、
それには明確な基準があり、それに基づいて生産していることを示す立派な 「証」 なのです。



有機JAS

栽培した野菜を「有機農産物」として出荷・販売するには、農林水産大臣が制定した「JAS規格」による検査に合格する必要があります。
JAS規格には、品位・成分・性質など品質に関係する基準、生産方法に関する基準が定められています。
このJAS規格を満たし、検査に合格すると、「有機JASマーク」を付けることができるようになります。

私たちは有機JAS制度ができた草創期(2001年)に認定を受け、皆様に安全・安心な野菜をお届けしています。



無農薬栽培とは?

無農薬栽培とは、生産期間中に全く農薬を使用しない栽培方法を指しますが、全く農薬を含まないというわけではありません。
実際には土壌に農薬が残っていたり、他の畑から飛散してきたりすることも考えられます。
しかし、農産物に全く農薬を含まないことを示す厳格な基準や、それを認定する機関が無い為、消費者から誤解を招かないように、現在は「無農薬」と表示することが禁止されています。

有機栽培では、化学的に合成された農薬を使用することは禁止されていますが、すべての農薬が禁止されているわけではありません。
そのため、「有機栽培よりも無農薬栽培の方が安全」と、思われている人も多いようです。
しかし、無農薬栽培は、有機栽培のように第三者機関が認定しているわけではありませんので、栽培中に農薬不使用の「無農薬」であっても、完全な無農薬と言うことはできません。



TOPに戻る