Select language to translate:

ベビーリーフや人参、ごぼうなど、有機野菜の栽培・販売をしています。 通販での宅配もおこなっていますので、是非ご利用ください!  J-GAPの取得に向けての取組みをおこなっています。

ベビーリーフとは

 

ベビーリーフとは

「ベビーリーフ」はレストランやホテルのビュッフェで見かける人気の食材で、サラダとしてよく使われています。

ベビーリーフはその呼び名の通り「赤ちゃんの葉っぱ」のことで、発芽10~30日くらいで丈10~15㎝くらいの時に収穫した
若い葉っぱです。

若い葉っぱは、成長しきる前に収穫される野菜なので、とても柔らかく、ビタミンやミネラルなどの栄養素も、成長しきった
ものに比べて多く含まれています。

水洗いするだけで、調理せず手軽に食べることができるので、栄養分をそのまま損なわれることなく摂取できることも、人気
の理由です。



ベビーリーフの種類

ベビーリーフは、若い葉っぱの総称で、特定の野菜の種類を意味するものではありません。
現在、およそ30種類以上のベビーリーフがあると言われています。
そのうち、当農場で栽培しているものをご紹介します。


【ピノグリーン】
 葉の形状がしっかりした代表的なベビーリーフです。
 ジューシーな味わいがあり、ほうれん草と肩を並べるほど栄養価が高く、ビタミンCがとても豊富です。
 アクが少なく、クセのない味で食べやすいのが魅力。

【スイスチャード】
 フダンソウの改良品種で、鮮やかなグリーンに茎の赤色が引き立ちます。
 日本では定番の野菜ではなかったため、あまり使ったことがないという方もいるかもしれませんが、
 実は和食ともとても相性が良いです。
 カルシウムやマグネシウム、鉄分など、ミネラルも豊富に含まれている上、β-カロテンやビタミンE
 もたっぷり含んでいます。

【ビート】
 鮮やかなグリーンに明るい赤色の茎が引き立ちます。

【レッドオーク】
 赤色と緑色のコントラストが綺麗な、結球しないレタスのひとつです。
 柔らかい食感が特徴で、かすかにナッツの香りがします。
 栄養価は生活習慣病の予防に役立つと言われている「βカロチン」、疲労回復や免疫力を高める
 のに効果的な「ビタミンB1」、抗酸化力が強く、肌の老化予防に効果的な「ビタミンC」などを豊富に
 含んでいます。

【ターサイ】
 寒さに強く、カルシウムがとっても豊富な野菜です。
 キャベツの風味とシャキッとした歯ごたえがあり、おひたしにしても美味しいですが、油と肉とも、
 とても相性がいいので、炒め物もおすすめです。

【赤茎ミズナ】
 普通の水菜の10倍含まれると言われるポリフェノールの一種であるアントシアニンによって、綺麗な
 紫色の茎が特徴です。
 アントシアニンは、目の健康維持や動脈硬化予防にも効果があるそうです。
 味は普通の水菜と変わらず、ほのかな苦みがあり、シャキッとした歯ごたえがあります。
 加熱しても色が抜けにくい為、料理を彩り豊かにしたいのなら是非おすすめです。

【ロロロッサ】
 プリーツ状の葉先が赤茶色に色づく色鮮やかなサニーレタスです。
 歯ごたえはやわらかく、色・形もかわいらしいので、サラダにアクセントとしてオススメです。

【晩生ミズナ】
 癖のなさとシャキシャキした食感からサラダ用食材として普及し、今では和洋中のさまざまな料理に
 使われるようになっています。
 ビタミンA・C・E、カルシウム、リン、鉄、葉酸、植物繊維などが豊富に含まれ、栄養的にも大変優れた
 野菜です。
 品種には早生、中生、晩生があり、この順番で葉色は濃くなり、耐寒性が強くなるなどの特徴があります。

【ルッコラセルバチカ】
 ルッコラの原種で、通常のルッコラより、葉に切れ込みがあり、ギザギザしているのが特徴です。
 味はかなり辛味があり、パンチ力があります。
 葉に力強さがあり、オリーブオイル等油と混ぜても葉が負けないので、パスタに添えたり、お肉料理の
 付け合せ、ピザのトッピングなど使用する用途は多岐に渡ります。

【ロログリーン】
 ロログリーンは ロロロッサの緑ベビーリーフです、大変柔らかい食感で サラダのメインとして
 使えます。

【アイスバーグレタス】
 ほのかな苦味があり、シャキ、シャキした食感でサラダにおすすめです。

【グリーンケール】
 キャベツの風味で歯ごたえがあり、ビタミン・ミネラルを豊富に含みます。
 通常のケールとことなり、ベビーリーフなら苦みも少なくおすすめです。

【赤からし菜】
 そのまま食べると少しピリッとしたからし菜独特の辛みを感じることができますが、油で炒めると辛みが
 マイルドになり食べやすくなります。
 やや縮れた淡赤色の葉で、株が大きくなるほど特有の風味が増してきます。

【グリーンオーク】
 「サラダ菜」のような明るい緑色でやわらかく、サラダにして食べると適度に歯ごたえがあって苦味や
 クセはありません。
 サラダやサンドイッチに使うと、色鮮やかで食感も良くおすすめです。



ベビーリーフの食べ方

ベビーリーフは柔らかく、えぐみが少ないので、サラダやサンドイッチなどで、加熱せずに生で食べるのがオススメです。

また、パスタやピザの上に添えるとアクセントにもなり、ベーコンと炒めても美味しいです。
当農場のベビーリーフは有機栽培であるため、さっと水で洗い流すだけで、すぐに食べることができます。
複数の種類のベビーリーフを混ぜて販売しているので、いろいろな食感を楽しむことができ、色も鮮やかです。




TOPに戻る