Select language to translate:

ベビーリーフや人参、ごぼうなど、有機野菜の栽培・販売をしています。 通販での宅配もおこなっていますので、是非ご利用ください!  J-GAPの取得に向けての取組みをおこなっています。

農場について

それぞれの農場の特徴を生かし、作物の安定出荷を目指す。

広島県は平野が少なく、急傾斜地が多いので1つあたりの農地の面積が小さく農作業に手間をとられてしまいます。
我々寺岡有機農場は世羅農場を中心に4圃場で22haの広大な農地を所有しており、瀬戸内海と山間地の気温の差をうまく活用しながら、その土地にあった作物をつくり、安定供給を実現しています。赤土の世羅農場と砂地の瀬戸内海の圃場では土壌の条件が大きく異なり、それぞれの土地にあった土づくりを実施し、美味しい有機野菜づくりを目指しています。

総面積22ha。
ビニールハウス約130棟。

当社では約130棟のビニールハウスを主体にベビーリーフの栽培を行っております。草や虫のリスクが高い有機栽培において安定供給を実現するために、数年前からビニールハウス主体の栽培方法にシフトしてきました。またより良い野菜作りのために、各ハウスごとに土壌分析を行い、科学的な視点から土壌の改善を常に模索しています。

当社のビニールハウス

世羅の大地と私たちの想いが育んだ、安心・安全な野菜を皆様の元へお届けします。

寺岡有機農場 出荷スケジュール

商品のご紹介

  
こだわってます!

美味しい野菜作りの秘密は
自慢の赤土。

赤土は普通の土に比べて、粘り気が強いのが特徴です。ミネラル分が豊富で、栄養価が高い野菜が育ちます。また保水性も高いので、肉厚で柔らかい根菜類ができます。水分が蒸発すると固くなるので、それに反発するように野菜の細胞が細かくなり、キメの細かい上質な野菜ができます。

赤土の写真

寺岡有機農場
4つの農場

世羅農場
広島県世羅郡世羅町大字賀茂10144-136
総面積20haを有する世羅農場は標高430mの広島県の中山間地に属します。冬期においては氷点下まで気温が下がることで、野菜自身が寒さに打ち勝とうとし、特に根物野菜は甘さが引き立ってきます。また世羅農場の土壌は赤土で保水性が高いのが特徴です。ミネラル分も豊富に含んでおり、柔らかくて美味しい野菜は非常に好評です。
松永農場
広島県福山市松永町3丁目199
創業の地である松永農場では、グループ会社の寺岡有機醸造㈱の醤油の原料である大豆・小麦を栽培しておりました。形こそ変わったものの、「おいしい本物の醤油をつくる」その精神は変わらず、現在ではビニールハウスでベビーリーフを栽培しています。温暖な気候で育ったベビーリーフはしっかりと味がのって、お客様からも「美味しい」と評判です。

岩小島農場
広島県尾道市向島町岩子島2728-1
瀬戸内海の島々の一つである岩子島。目の前には、「坂の町」「文学の町」「映画の町」として有名な尾道の市街地が臨めます。瀬戸内海の島々では昔から、みかんやはっさくなどの柑橘類の栽培が盛んでした。そのなかでも岩子島は昔から全国NO1のワケギの産地でした。温暖な気候と砂地が特徴で、当農場ではベビーリーフ中心に栽培しています。

高坂農場
広島県三原市高坂町許山
ぶどうの産地として地元で有名な三原市高坂町は、圃場の日当たりが大変良く、様々な農作物の栽培に適しています。もともとは水田でしたが、その環境の良さから畑地に転換しました。近くに運動場やキャンプ場もある非常に居心地の良い場所です。
寺岡有機農場へのお問い合わせ
0847-27-1733
世羅農場:広島県世羅郡世羅町大字賀茂10144-136
メールでのお問い合わせはこちら